家庭教師 東京は、東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉へ幅広く、家庭教師を派遣しています。
無料お見積もり相談、資料請求、各種お問い合せ
メールフォーム

■県立・都立高校受験

日比谷・西・国立・八王子東・戸山・青山・両国・立川・新宿・隅田川・国分寺などは・独自の問題を出題する傾向が強く、中3時でオール5を取っていても合格する保証はどこにもありません。

「教育委員会」の標榜する「思考力・読解力・記述力・表現力を試す」問題が出題されるため、600字以内の作文を出題する高校も増えています。

 

数学

英語

1次方程式・2次方程式・因数分解・2次関数のグラフ・証明問題は、必ず出題されるので、基本はしっかりおさえておきましょう。その上で、2次関数のグラフを解いていく問題は公立中学校では、学習しないものも含まれているので、難しめの問題集で、応用力を身につけておく必要があります。三平方の定理や、三角比の問題は比較的基本に忠実なものが多いので、ぜひ、得点源としたいところです。

長文問題は、このところずっと、三題出題が定着しています。難易度はそれほど高くないので、日頃から「中レベル」の問題集で長英文を読む習慣を身につけておきましょう。おおまかな内容さえ理解できれば、解ける問題ばかりです。

文法では、「which,that,who」といった関係代名詞や、前置詞を問う問題が必ず出題されます。基本を確実にマスターして、ぜひ、得点源としましょう。

発音やアクセントの問題は、最初の部分で必ず出題されるので、日頃からこまめに辞書を引いて調べる習慣を身につけておきましょう。ここでの点の取りこぼしは、致命傷となることもあります。

家庭教師に、正しい発音を教わるのも、非常に効果的です。

 

※内申UP・定期試験対策・高校受験対策をお考えの方はこちらをご覧下さい。
授業開始までの流れ
授業料
プロ講師のおすすめ
学生講師紹介
家庭・生徒からの声
よくある質問
   
無料体験授業
優待キャンペーン