家庭教師 東京は、東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉へ幅広く、家庭教師を派遣しています。
無料お見積もり相談、資料請求、各種お問い合せ
メールフォーム

| 私立小学校補習 | 私立中・高校補習 |

■私立小学校補習

私立小学校の授業内容は、2〜3学年先の内容を学習するだけでなく、その内容も、前頭葉や、右脳を多く使う「ひらめき」や「感性」そして、「考える力」を養う学習に力点が置かれています。

 

小学1〜3年生までは、「勉強の楽しさ」・「考えることの楽しさ」そして、「みんなで生きているということの大切さ」を視覚や体験を通して身につけていきます。

また、実は、この3年間がもっとも重要な時期で、人間形成の半分は、この3年間で確立してしまう・・・と言っても過言ではありません。

この時期までに、家庭学習の習慣と、読み・書き・計算の基礎力が出来上がっているか否かで、勉強ができる子と、勉強嫌い(勉強ができない)の子のどちらかへの方向性が決まっていきます。

子供は本来、勉強が嫌いなのではなく、勉強がわからなくなってしまったために勉強嫌いになっていくのです。そうならないためには、日々学校で習ったことを忘れないうちに反復練習し、わからないところを早め早めに聞いて解決することが大事です。

しかし、現代の忙しいお母さん方にとっては、日々の宿題をみてあげたり、学校の進度を把握してスケジュールを管理するのは、非常に大変なことです。 また、低学年のうちから大人数の塾に通わせるのも、子供の自主性や想像力、発想力を培う上では、弊害もあります。

お子さん一人一人の個性を見ながら、ペースを大事にし、また発想や考えを大事にしながら1歩1歩進めていくには、個別指導がもっとも適していると言えます。「家庭教師」とマンツーマンの勉強を進めるのが、お子さんの人格形成と基礎学力の定着において理想的な学習方法といえるのです。

家庭教育はもちろんのこと、学校やその他の場所で、優れた「先生」に出会い、「生きているということ」と「学習の大切さ」を肌身で感じ取ることが、かけがえのない小児体験として一生記憶に残ります。

 

国語

算数

国語では、日頃の読書習慣をつけると共に、長文読解力を養うために、「作者が何を一番言いたいのか」、「この文を読んでどう感じたか」を中心に、「感性を豊かにし」「論理的思考力」を身につけるための学習を行っていきます。もちろん、漢字や熟語、そして、ことわざなどの慣用句、また、正しい日本語を習得するための「国語文法」の学習も欠かせません。

多くの私立小学校では、5年生時ですでに、公立中学の2年生時で学習する内容を学んでいます。

図形では、三角形の内角・外角計算、対頂角などです。また、消去算や相当算などの、文部科学省で定めた「学習指導要領」の内容を越えた学習を確実なものにしていきます。

■私立中・高校補習  (中高一貫校向け対策)

現在、日本の私立中学校では、文部科学省指定の「学習指導要領」を大きく越えた、独自のカリキュラムを組んでいる学校がほとんどです。英語学習教科書の「PROGRESS(プログレス)」などは、その典型例です。

特に中高一貫校は、中高6年間のうち5年間で高校までの内容を終えるため、中学2年生の段階で、公立高校1年の内容を教えている私立中学が数多く存在します。

レベルもスピードも高度な内容に、遅れないようにしっかりついていく為には、教える家庭教師にも、一流の経験と実力が必要となります。

家庭教師 東京の私立中学補習(中高一貫校補習)の講師は、自らの経験をもって指導できる一流の先生ばかりです。
 

数学

英語

中学1年次で、「比例・反比例」・「合同・相似・証明」を終えるのが望ましいと言えます。

学校によって多少の違いはありますが、中学2年次で「因数分解」・「三平方の定理」を終了させておくことが、高校時での、大学受験勉強に大きく貢献します。

家庭教師 東京の講師なら、「普通ペース」の学校にも、「猛スピードペース」の学校にも、個々の生徒さんの将来目標に合わせた、独自のカリキュラムを組んで、指導することが可能です。

学校でのテキストに「PROGRESS(プログレス)」を使っているところが多いと思われますが、それ以外の独自の教材を使っている学校にも柔軟に対応します。

中2までに、「which,that」の関係代名詞や現在完了形は終了させ、中3次には、それ以外の関係詞の学習に入ります。ペースの速い私立中に通うお子さんには、「独立分詞構文」や「原型不定詞」も指導していきます。視野に入れるのは、当然3年後に迫った「大学入試」です。

 

※大学受験対策をお考えの方はこちらをご覧下さい。
授業開始までの流れ
授業料
プロ講師のおすすめ
学生講師紹介
家庭・生徒からの声
よくある質問
   
無料体験授業
優待キャンペーン